メールが送受信できない場合の確認事項

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WEBコーディネーターなどをやっていると、「ホームページつくりたいです!」以外にも色々な依頼を受ける事があります。
その中の一つに

「メールを使えるようにして!」

と、いうものも。

「メールを使えるように」

はてさて、どういった場合に Help となるのでしょうか。

・メールアカウントが欲しい場合
・メールが使えない場合

まず、メールアカウントが欲しい場合ですが、
ホームページを持っている場合と、そうでない場合に分かれます。
ホームページを持っている場合は、取得しているドメインからメールアカウントを発行。

ホームページ、そもそもドメインを持っていない場合は、インターネット回線を契約したときにもらえるプロバイダーのメールを設定。
あるいはフリーメールを取得することになります。
企業として使う場合はGmailが多いかな?
GoogleAnalyticsやAdsenseでも使うし、ドメイン元がGoogleなので通信障害とかになることもあまりない。

他にYahooやHotmail(Windows Live Mailと統合し、OutLook に統一された複雑なご家庭)などもありますが、
Gmail>YahooMail といった割合で使われる方が多いように感じます。
Yahooはリスティングのために取得してそのまま使う方もいますしね。

フリーメールはいいとして、独自ドメインの場合はサーバーによっても設定が異なる場合があったりします。

メールを使うためにまず用意するもの

・メーラー
普段どのソフトを使ってメールを受信しているのでしょうか?

代表的なところで、
OutLook(Microsoft Officeのソフト 有料) 
Windwos Live Mail(Essentialのソフト 無料) 
Thunder Bird(Mozillaのソフト 無料)
Becky!(RimArtsのソフト 有料) 

ご縁のあったクライアント様ですと、
OutLookかWindowsLiveMailか、を使われてる方が圧倒的に多いですね。

「よくわからないけどとりあえず使ってる」「なんか設定むずかしいけどとりあえず」
といった事をよく耳にします。。。
確かに多機能すぎたり色々と設定が面倒……な部分もありますね。

個人的に好きなのはThunderBirdです。
デフォルトでアカウントボックス、 メール一覧、プレビュー画面が非常にバランス良く配置されていて、
最近のOfficeみたいに送受信ボタンなどが最小限の大きさで丁度良い感じです。
(ホームとかあんなに大きくなくていいんだ・・・多機能な部分は隠れてる くらいでちょうどいい。。。)

Becky!は今まで1件のお客様でしか見たことがなかったのですが、
これもなかなかシンプルな作りで好きなタイプのメーラーです。
ダウンロードすると試用期間として、30日は無料で利用できます。 

他のメーラーは使ったことがありません。。。

さて、メーラーが用意できたら次は

メールの設定情報を用意する

メールを使うためには、それらの情報というものがあります。
 中二的に言うと、

我、電磁界の混沌を召喚する。
汝の真名「xxx@asairo.com」。
秘なる理より「パスワード」を指し示さん。
傀儡なる贄として「popアカウント」を捧げ、「ポート110」をその繋がりとす。
我より与えしは「smtpアカウント」を「ポート587」より世界を混沌と漆黒の闇へと誘うであろう!
条件により祖への「OP25B」を唱えることとする。
我が名は「ユーザーアカウント名
……汝、我の呼び声に答えよ!!

的なやりとりが、送受信毎あったら……

めんどいわ!!!(悪ノリしすぎました)

冗談はおいといて、
メール設定に必要なものは、呪文中に青色で書かれてるものですね。
・ メールアドレス
・ユーザーアカウント
・パスワード
・POPアカウント(ポートはだいたい110ですが、サーバーによってたまに違うことがあります)
・SMTPアカウント(ポートはだいたい587 OP25B認証が必要な場合は25になり、これもサーバーによって違うことも)

おおよそ上記5点が必要になります。

初期設定の方法については今回は軽く省くとして、
ここからが本題、作業としては非常に困難を窮めます。

メールが使えない

「メールを送受信できない」といったトラブルの時の対処法として1つ記しておこうかと。

以前はメールについてあまり詳しくなかったので、「メールが使えない!」といった場合にかなりテンパって対応していました。
今もあまり詳しくはないのですが。。。

まずメールの設定自体を確認してみる。

設定を見直すことから。
先にあげた「メールアドレス」「ユーザーアカウント」 「パスワード」「POPアカウント」「SMTPアカウント」それと「ポート」が間違っていないか。

1.メールアドレスとユーザーアカウントが間違ってるケース。
2.パスワードの大文字小文字{ L(エル)や I (アイ)} 、または数字と英文字{1(数字のいち)とL(エル)や i (アイ)}などの混同が紛らわしいケース。
3.POPがIMAPになってないか
4.ポート番号が正しい数値か

それらが間違っていなければ、
OP25B認証という設定が疑わしい場合が多いです。

POPサーバーとSMTPサーバーが違う場合もあれば、
同じサーバー名を記述することもあります。

■パターン1
POPサーバー:pop.asairo.com
SMTPサーバー:smtp.asairo.com

■パターン2
POPサーバー:mail.asairo.com
SMTPサーバー:mail.asairo.com

これはそれぞれのメールサーバーによって違うので、チェックしましょう。

SMTPポート番号は25か587が一般的です。
これもサーバーによって指示があります。

「送信時にエラーが発生する場合」
OP25Bという条件が発生します。

サンダーバードの場合
認証方式に「暗号化されたパスワード」を選択。

Becky! の場合
OP25Bというチェックボックスにチェック。

OutLook の場合
送信サーバー(SMTP)は認証が必要にチェック

WindowsLiveMail の場合
アドレスのプロパティの「サーバー」項目に
送信メールサーバー「このサーバーは認証が必要」にチェック

 OP25Bとは、SPAMメールやウイルスメールに対する対策の手法の一つで、
送信時に必ず「受信」をしてから「送信」をする、
Outbound Port 25 Blocking(アウトバウンドポート25ブロッキング)
という比較的新しいタイプの認証方式、らしいです。

スパムを送信したくないプロバイダの設定で、こちらではいかんとも操作できません。
面倒でチョット重たい?んですけれど、信頼性はぐんとあがりますね。

かいつまんで説明してみましたがいかがでしょうか。
とりとめのない記事になってしまった気がする。。。
メールについて対応することは多いので、気が向いたらしっかりまとめようと思います。

 

ご利用のサーバーによってメールの設定方法は異なりますので、利用サーバーのヘルプページを読むことをオススメします。
私の利用しているドメインキングのメール設定はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

(AD)

コメントを残す

*