術前・術後の写真掲載についての考察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

卒業とは良い言葉で、語尾に「卒業」と付け足せばなんでも良い意味でとらえられる。

・部活卒業
・学校卒業
・アイドル卒業

辞任も卒業といえば聞こえはいい。

そういえば卒業シーズンですね。
卒業に関する思い出がすごく曖昧で、特に心に残った出来事とかロマンティックな出来事もまったくありませんでした。

卒業 → おめでとう! → わーいありがとう という感情の流れが未だによくわからない’~’

ものっそい私事ですが、私も本日付で現会社を卒業です。


医療関係のWebサイトには、よく術前術後の比較写真が乗っていることがあります。
これまでは「分かりやすく」や「術後の自分」を想像させるためだったり、
また実績例としても掲載するケースがありました。

ところが、

広告となってくるとまた話が変わってきます。
今までリスティングやってた広告が、突然NGになってしまうケースが最近頻発していました。

なんでやねん!と調べたりヤフーに確認とったりしたところ。
厚生労働省の写真掲載に関する事項が厳しくなっているため、でした。

医療広告ガイドラインに関するQ&A

例えばA2-13の

○ 医療機関において提供される医療の内容に関する事項として、検査、手術等を含む診療風景の写真を掲載すること。なお、診療風景であっても、手術前、手術後のレントゲン写真等を含む写真を掲載することは、治療の効果に関する表現に該当するため広告できません。

かなーーーり制限ありますね。
ただ、広告の掲載がNGであって、広告を出さずにWEBで事例として載せておきたい場合は大丈夫なの、か?
WEBでの表記も制限されるようになるんでしょうか。

んー、そういうWeb上でのルールをまとめたサイトってないかなー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

(AD)

コメントを残す

*