WEB

wpプラグインについての泣けるお話。

プラグインたくさん入れたり試したりしてて、
とうとう

取得中にウェブサイトでエラーが発生しました。HTTPエラー500(Internal Server Error):サーバーによるリクエストの実行中に、予期しない状況が発生しました。

 

こんな状態になり・・・

 何が原因かも分からず調べてもそれっぽい記事は検索に出てこず。 

Facebookというプラグインを入れてまして、
それが有効化しているとこのようになるようでした。
確かFacebook公式プラグインとかあっちゃこっちゃで言われてた気がするんですけど、、、
プラグインインストール時にぐるぐるしたまま終わらないのもコレが原因だったようです。

最初インストールしたときは何ら問題ないようだったのですが、
一度全部のプラグインを解除し、
1個ずつポチ、ポチ、とプラグインを有効化していくと…「再びエラー」

詳細な原因はわかってないですが、とりあえず通常稼働には差しさわりないかな?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

wordpressでパーマリンクを変更する話。

パーマリンをカスタム構造に変更するには、
変数の入力だけじゃなくてFTPの設定も必要である。

ということで、パーマリンクを変更しました。
カスタムの入力値は

/%category%/%postname%/

です。

今のうちのアドレスは、
http://ドメイン名/カテゴリ名/ページタイトル/

となっているはず。
はず。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

記事が真っ白になっちゃったよ!って話。

ワードプレスの管理画面での表示が見れなくなった。。。
具体的には記事の部分が真っ白&<強調>とかの装飾ボタンが使えなくなってました。

20130523-1

 

表側はちゃんと見れるし、一見するとなんともないんですけどね。。

20130523-2

考えられること

All in one seo pack 最新バージョン(2.0.2)にしたから?
と思って前のバージョンのを公式サイトからダウンロード&アップしなおし(

それでも治らないので一旦all in one seo packを切る。

なおった。

だがそれだと困るので他のプラグインの互換性を探る……。
今日試し導入したものを順に停止・検証の繰り返しで・・・

コイツダ >> Tweetable

ツイッターに投稿できるというやつですけど、プラグインで競合してたようです。
ただ、設定当初はちゃんとできてたようなのですが、なぜでしょ…。 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

wordpressがマルウェアに感染した時の話。

去年の暮れ。

「Googleから警告があったサイトのウイルスを除去してほしい」

との御用命を頂きまして。

以下、ファイルの中身の様子です。(感染したファイルはエディタで開かないと感染するようです)

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2

VIDEO・音楽編集の決定版

本業はWEB制作なはずなのですが、何でも屋的なことをしています。
フリーソフトですごく便利な編集ソフトに出会ったのでシェア!シェア!
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1

Google ChromeのFacebookツール

Facebookのイイネボタンはほんとに気軽に行えて良いですね。
なんとなく「イイ」って思ったらポチっとするだけ。
他の人にもこの良さが分かるといいなーと小さな願いを込めたり込めなかったり。 

ソーシャルボタンを実装しているページは増えて来ましたが、
まだまだ無いサイトもたくさんあります。
それでも、イイと思ったサイトは何とか共有したいなと思うのですが、いちいちfacebookのサイトを開いて~なんてめんどくさい!

最近メインにgoogle chromeを使っているので、エクステンションがあるだろうと探してみると。。。
そりゃもう予想以上にビッシリと。

 

 

めぼしいものを見繕ってみる。

 

Facebook for Chrome (一番左)
インストールはこちら(それぞれ、ブラウザはクロームで開いて下さい)

Facebook Share Button(真ん中)
インストールはこちら

Facebook Like Button(一番右)
インストールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

PHPで読み込んだ箇所のタグ属性を消す

新着情報を表示させたい。

読み込んだ内容がタグごとまんま表示されて、レイアウトが!!

となり、だいぶアセアセしました。 PHP初心者には初歩的なことも分からないのです。

リファレンスとかいくつかピックアップしてるのですが、 関数がうんちゃら、返す値が~とか書いてあるにはあるのですが、 初心者にはやはり事例がないと、参考にするのは難しいですね。。。

いつもPHP SPOTさんを参考にさせていただいてるのですが、今回の内容はこちら。

PHPで、最初に読み込む内容を定義し、あとにHTMLで表示。

PHP SPOTさんの例文は以下ですが

$text = “text“; $text = strip_tags($text); echo $text; // text が出力されます。

◆1行目 $text = “text“; $textを定義しますよ。 $textとしたものは textとして表示されますよ。

◆2行目 $text = strip_tags($text); $textを定義しますよ。 strip_tag(装飾タグを全部剥ぎ取り)は $textに適応しますよ。

◆3行目 echo $text; // text が出力されます。

echo はページに表示するタグですよ。 echoされた $textは次のように表示しますよ。

表示例: text

2行目がなかったらtextとなるはずですが、 strip_tagsしているのでtextという文章に強調はつきません。

こんな感じで分かりやすいだろうか……。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

Flash代替画像をjavascriptで表示させる方法と、非iOS環境での確認方法

SyntaxHighlighter が適応されないので追加修正しました。
ついでに補足も足しています。
新しい記事はこちら

「自社サイトさぁ、iPadでフラッシュみれないじゃん!」
って言われて、帰り際に作業をすることになりました。

そこで必要になったのでやり方をメモっておきます

元々のタグ

<script type=”text/javascript”>
AC_FL_RunContent( ‘codebase’,’http://download.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/flash/swflash.cab#version=7,0,19,0′,’width’,’745′,’height’,’374′,’src’,’main’,’quality’,’high’,’pluginspage’,’http://www.macromedia.com/go/getflashplayer’,’movie’,’main’ ); //end AC code
</script>
<noscript>
<object classid=”clsid:D27CDB6E-AE6D-11cf-96B8-444553540000″ codebase=”http://download.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/flash/swflash.cab#version=7,0,19,0″ width=”745″ height=”374″>
<param name=”movie” value=”main.swf” />
<param name=”quality” value=”high” />
<embed src=”main.swf” quality=”high” pluginspage=”http://www.macromedia.com/go/getflashplayer” type=”application/x-shockwave-flash” width=”745″ height=”374″></embed>
</object>
</noscript>

これではiPhoneやiPadでは見れないため、コードの書き換えが必要。画像も。

そこで<parm>下にimgタグをいれるだけ、みたいな手法を発見したので試してみる。

  example

<object>
<param ……/>
<param ……/>
<param ……/>
<img src=”画像パス”>
</object>

残念。
FLASHは見れるものの、ipad(3と呼ばれないアレ)で確認したところ、だめでした。
画像表示されない。

次に、javascriptでの表示に変更。

  記述例 example

<head>
<meta http-equiv=”Content-Script-Type” content=”text/javascript” />
<script type=”text/javascript” src=”js/jquery.js”></script>
<script type=”text/javascript” src=”js/swfobject.js” charset=”utf-8″></script>
</head>

<body>
<!– Flash Area [ –>
<div id=”flashArea”>
<h2><a href=”campaign.php” target=”_blank”><img src=”img/images.jpg” alt=”Adobe Flash Playerインストール” width=”740″ height=”535″ /></a></h2>
<script type=”text/javascript”>
var so = new SWFObject(“main.swf”, “flash”, “100%”, “535”, “8”, “#fff”);
so.write(“flashArea”);
</script>
</div>
<!– ] Flash Area –>
</body>

代替画像の設置方法 参照
やったやった!代替画像表示さーれた!

私みたいにjsよくわかってないデザイナーさんのために、<script>の解説

var so = new SWFObject(“main.swf”(swfファイルの相対パス), “flash”(任意のタグ), “100%”(横幅), “535”(縦幅), “8”(flashのバージョン), “#fff”(カラー));

最初あるぇー、表示されぬぇー?って思ったらswfobject.jsを読み込んでなかったという初歩的みす!

ちなみにタグ中の「Flashのバージョン」については、
上記のようにバージョンを 8 とした場合、
「バージョン8以上のプレイヤーが入っている場合のみ再生させることが可能」という意味です。
バージョン7以下のプレイヤーで閲覧した場合は再生されません。

iPhoneもiPadも持ってない私は、どうにかしてFLASH環境を再現できる表示確認方法ないかと…。

ありました。

表示確認ツール何かないか探って、Firefoxのアドオンでフラッシュのon/off切り替えできるものをいくつか発見しました。
私的にはこちらで紹介されているPrefBarがよかった。

非表示時に代替画像も確認。(もちろんiPadでも確認してもらいましたよ?)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1

wordpressユーザーの追加。そして…

既存のwordpress仕様のホームページはいくつか触ってきていますが、 1から自分で作るってことはありませんでした。

そこで困ったことがいくつか発生…。

・ファビコンがうまく登録できない ・独自テーマの作り方がいまいちわからない ・適当にプラグイン突っ込んでるけど大丈夫なのか ・アドレスきちんとしないと… ・パーマリンクがデフォのまま ・毎日更新するネタに困っている(これはちがうかw)

仕事上、ユーザーの追加をしなければいけなかったのでそのことをメモメモ。 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0