自分の経験から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前説

このたび『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』(Create Media編/dZERO刊)の
名古屋の講演会主催することになりました。
 講演会の記事はこちら

主催をはじめたきっかけは前記事(名古屋でイベントを始めたきっかけ)をご参照いただきたいところですが、
今回は私自身の経験談を語ってみようと思います。
※特に面白い話でもないので、ご興味ある方だけどうぞ。

自身の被虐経験

幼少期のころ

熊本の片田舎で3人兄妹の真ん中として生まれ、資産的にはごく中流だったかと思います。
私自身が「あぁ、なんかいやだな」って思い始めたのは小2の夏休みの頃。
それまでも2つ上の兄とはよくケンカしていた思い出があります。
その度々で怒られるのは常に私。
これは記憶を掘り起こしても、兄が叱られてる場面はほぼ記憶がありません。
リモコンの取り合い、ゲームのこと、マンガ本のこと、些細な事でよく子供らしいケンカをしていました。
もちろん怒られるのは私。
小さな頃は押し入れの2段目に閉じ込められたり、夜に家の外に放り出されたり、
父親のひどく酔っぱらってるときは殴る蹴る投げ飛ばすなど直接手を出してきます。
幼心ながらに「なんで自分だけ殴られるんだろう。悪いことをしてごめんなさい」と思ってたようにも思います。
記憶にすごくモヤが掛かってる感じなので明確ではないかもしれませんが。

親を親と認識しなくなった時

小学校のときは夏休みのイベントで、毎朝ラジオ体操にいかなければなりませんでした。
小学校2年生のある日、
朝が苦手だった私はその時とてもぐずって「行きたくない!」と泣きわめいたのを覚えてます。
そしてあの父親が機嫌悪そうにやってきて首根っこを掴み、玄関までひきずっていき、外の地面に叩きつけるように投げ捨てました。
家の前はコンクリで、もちろん整備されてないのでボコボコでマジックテープのような表面になってたりします。
打撲よりも擦り傷がひどく、ヒジと膝の皮がめくれ、傷口にコンクリの砂利が埋まってる状態。
足の親指もひどくめくれていました。
傷口はすぐに膿み始めて、血の赤よりも黄色い傷口という印象が大きいです。
そしてあのゴミを見るような目で去っていく父親。
痛みに泣きわめいたのか、恐怖に怯えていたのか、声も出ないほどだったのか、もう覚えてはいません。
それからは母親に連れられて病院通いの日々でした。

「なんでこんなことされるんだろう」「どうして自分だけ」
考えれば考えるほど深みにはまっていき
「本当の子供じゃないからあいつは殴るんだ」
そう思うようになるまで、そんなに日は経ちませんでした。

家を出るまで憎しみの日々

数日置きだったか、毎週だったのか、幼いころはそれはもう頻繁に暴力を受けてきました。
酔っ払って返ってきた日は特にひどく、父親の気が済むまで体をまるめてじっと我慢していました。
30分だったか、幼い自分の体感時間だと1時間くらいのようにも感じましたが。
顔や腕、足などの目立つ場所はやられなかったように思います。
今思えば、ばれないようにしてたのかもしれません。
外面がよく交友関係もあるようで、近所の集いや仕事関係の人、また親戚の集まりで笑ってる父親は反吐が出るほどキライでした。
鬼のような形相で、
「のぼすんな(調子にのるな)」「親にむかって」「食わせてもらってるくせに」
とひたすら蹴り続けるアレが、何もなかったかのように笑ってるところがとてもキライでした。

次第に「あんなの親じゃない」から「殺してやりたい」と思うようになったのが小4くらいだったのも覚えています。
おかげさまで10歳から18歳までの家を出るまでの間、憎しみ続ける日々を送ることになります。

殺されるかと思った

学校で彫刻刀を使う授業がでてきました。
それからだったと思います。彫刻刀やナイフ、カッターを常に隠し持っていたのは。
中二病的に「かっこいい」という部分もあったかと思いますが、それ以上に無意識に護身用として身につけていました。
夕食時にいつもの暴力がはじまり、ふとしたときに護身用の彫刻刀が見つかった時があります。
すると、いつにも増してひどく醜い顔を向けられ、同じように彫刻刀を持ち出してきて「お前も同じ目にあわせてやろうか」と。
それからもナイフ、タバコの火、画鋲など色々と脅されましたが、
包丁を抜き出して脅された時は本当に殺されるのかと思いました。
母親が止めてくれなければ、あるいはあの時母親が出かけてたら、きっと死んでたかもしれません。

止めてくれたのはいつも母親だったが

包丁事件の時もですが、たびたび度が過ぎる時は母親が静止に入ることが多かったようにも思います。
ある時に居間でいつものように暴力を受けていると、まだ幼かった妹が「いじめないで!」とかばってくれたこともありました。
彼女は小学校入る前だったのでもう覚えてもないと思いますが、私は救われたように思いました。
私は母親と妹だけには、今も感謝しています。
妹が止めたからだったのか、私の体が大きくなってきたからか、年を追う毎に次第に暴力の回数は減っていきました。
それでも毎年何かしらはありましたが。

最後通告は無言で

それからも色々とありましたが、高校を中退し、大検を取得。
短期でバイトを経験して不思議と名古屋の専門学校に進学が決まってしばらくするとある事件がおこりました。
昼間にインターネットをしていると、何を勘違いしたかあの暴力父がやってきて、首根っこを掴み壁際に押し付け、

「お前のせいで家族がおかしくなったんだ」「お前のせいでぼろぼろだ」

そう言われて怒り狂うのでなく、自然と気持ちが澄んでいきました。
言ってはいけないことを言ったのだと思います。
ああ、こいつはほんとうにかわいそうなやつなんだと。
そして決して赦してはいけない人間なんだと。

いつか殴ろう、いつか仕返しをしよう、でも同じ人間になりたくないから絶対にてをあげない。
ずっとそんな葛藤に苦しんでましたが、こう言われて結局
「こんな人間のクズみたいなやつ殴ってもしょうがないな」
と自分の気持ちに決着。
私のせいで、とは言うけれど、毎回「シツケ」と称して実際に殴ったり蹴ったりしてきたのはあちらの方。
こちらは既に特に関わりをもたなくなっていた。
文字通り、会話もなく、互いにいてもいないように振る舞い、極力同じ空間にいることを避けた。
たまに癇癪を起こした時に殴りに来るだけ。
そんな乾いた日々だった。

今思い返せば色々と思い当たる節がある

小学校までのこと

小学校はだいぶ元気すぎた。むしろやんちゃが過ぎるほどだった。
クラスの誰とも友達になれるような、自然とそうなっていってた。
友達とも普通に接していた、と思う。

中学から

中学にあがったころから極端に人と関わりたくなくなった。
誰かにいじめられたわけじゃない。むしろ仲のいいクラスメイトは多かった。
友人の家に遊びにいくことも多かったが、不登校も増えた。
ただ、なんとなくいきたくなかった。
学校そのものがおもしろくなかったのだ。
学校に行かない間はゲームや漫画で時間を潰すこともあったが、勉強する時間も多かった。
ネットに触れるようになってからは、どっぷりネットにはまった。
年間で1ヶ月や2ヶ月ほど欠席していたはずだが、成績はさほど悪くなかった。
得意科目では上位の友人と点数を競うほどには。

高校では

高校は県境を超えて私立の進学クラスに。
元々独学に近い勉強をしてて、しかも進学クラスだからついていくことも難しく、また不登校が増えた。
朝6時に通学バスに乗り、30分ほどの車内で単語を覚え、0限が始まるまで予習。
1~6か7限?くらいまでみっちり勉強し、放課後も18時のバスが出るまで復習か宿題をやる。
家に帰って食事・入浴を済ませるとテレビを見れる時間は30分程度。多くて2時間。
あとは深夜2時頃まで勉強。就寝。
朝起きるのは5時半頃。
自宅学習が週40時間を義務付けられていたので、ほぼそういう生活をしていた。
若く体力があったとはいえ、社畜の前準備のようだなぁと今では思う。

そうなるとひたすらに「おもしろくなくなっていった」。
ネットでの知らない知識、知らない人たちと話すだけでワクワクしていた。
不登校時も勉強はしてみたが、やはりおもしろくない。
自分でホームページを作ったり、画像加工したり、小説をかいてみたり、
ネットの繋がりの方が密になっていった。

学校にいっても「いい大学にいっていい就職する」クラスメイトしかいなかったのだから。

思い返せば

小中高と、友達付き合いは問題なく装えてた。
おそらく地元の友人の誰も「家庭に問題がある」とは思わなかっただろう。
むしろ相談されたり頼られることもままあった。
中学で不登校がふえたのも、今思えばおそらく心のバランスが崩れてきていたからだろう。
友人の前では普通でも、日常がひどくつまらなく、また「気に入らない」という理由で家では殴られるのだろうと。
自分では平気だと思っていた。当たり前だと思っていたけれど。
感受性の強い時期だから、きっと知らないうちに蝕まれていたのだろう。

そして家を出た

二度と、この家の敷居は踏むまいと心に誓った。
父親が死んでも決して葬儀には出ないと誓った。
決して悟られないよう、気づかれないよう。
殴らず、言わず、気づかれず。
あの父親は私のことを「何も知らない」まま死ぬのだろう。
後日、母から「反抗的な目だったからついカッとなったらしい」と冗談まがいに言われた。
「のぼせるな」と口癖のように罵声を浴びせられたことが鮮明に思い出せた。
傷を負って病院通いにもなったよね、と話したときも「本人は謝ったって言ってるから」なんて言われた。
生涯の一度も謝罪を聞いたことはなかった。

もう、二度と関わることはないだろう。
それで私の気持ちは区切りをつけた。

これが私の体験談です。
決して同じように苦しむ人が増えてほしくない。
決して自分が同じようにならないように。
今回の本に応募はしませんでしたが、少しでも人に優しくありたいと思っています。



◆ 名古屋 イベント概要 ◆

日本一醜い親への手紙 ~そんな親なら捨てちゃえば?~
====================
日時:10/29(日)
開場:18:30~ 開始:19:00-21:00
場所:シアターカフェ(定員 20席)
料金:1500円(別途1ドリンクオーダー必須500円)
講師:今一生氏(@conisshow)
※お支払は当日、開場前に受付致します。
※希望者は講演後のオフ会有り
====================
その他詳細については下記より
講演会のお知らせ Nagoya AC2017
A4チラシ PDF

講演会 昼の部もあります

主催:丸善名古屋本店さんにて、
「親からの虐待被害者の声に耳を傾ける大きな意味」
が開催されます。
「夜は遅くなるので行けない…」という方はぜひこちらにご参加ください。

今一生講演会 昼の部

ご予約・お問い合わせ

ご予約、お問合せは
info@asairo.comまでお名前年齢をご記入の上、お送りください。

※入力が簡単なメールフォームはこちらになります

後援・協賛の募集

後援者としてお名義を貸していただけないでしょうか。
あるいは、受付や掲示板にチラシを設置するだけでも非常にありがたいです。
詳細はこちら → 後援・協賛の募集について

後援・協賛いただいた方はこちら

サポート購入・寄付のお願い

親から虐待された100名が書いた本『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』(Create Media編/dZERO刊/1800円+税)が、完成!
10月2日に全国各書店にて販売!
全国の販売書店一覧(dZeRO)
愛知県の書店一覧

ですが手紙採用者100名への謝礼分、100万円相当が調達できていません。
10/9現在、5冊単位で※サポート購入が可能です。
サポート購入・寄付のお願い 【今一生さんブログ】
※サポート購入とは、1冊2000円で購入するので
5冊購入することで手紙の執筆者1名の謝礼を支援する仕組みのこと。


何卒よろしくお願い致します!


SNSでもご購読できます。

(AD)

コメントを残す

*