名古屋のイベントを終えて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見事に台風が直撃した10月29日。
この日は昼に丸善名古屋本店で、
夜に大須のシアターカフェでと計2回、
「日本一醜い親への手紙~そんな親なら捨てちゃえば?」の講演会が行われました。

昼のイベント

まずは14時から丸善名古屋本店。
開始までの天気はフツウの雨程度。
1Fイベントスペースにて観覧無料のトークイベントが行われました。



メインゲストは以下
著者の今一生さん
出版者dZEROの松戸さん(赤い服の女性の方)
本を作る経緯から始まり、公式に出てる虐待の数字、政府が発表してない部分の話、そしてマイノリティの生きづらさ~様々な解決策まで言及。


そして、サプライズゲストのユニークフェイスの石井さんが登壇。
石井さんからはユニークフェイスについて、顔にアザや血管腫があることで生きづらさを抱える人たちについての話を伺いました。

1Fの入り口すぐ横の、オープンなスペースで行われたためか、
意外にも『ふらっと立ち寄ってみて、本の朗読をしていたのを聞いてると次第に惹かれて話を聞いていた』という方も。
たまたま立ち寄ったという参加者は少なくなかったように思います。
とても有意義な昼の書店イベントとなりました。

昼の様子をdZEROさんのサイトにて、動画付きで公開されてます!
http://dze.ro/archives/13985

ブレイクタイム


解散後、今一生さんと石井さんとで一旦コメダに。
五輪の建築事情だったり深い話がありましたがあえてここには書きません。

そこから私は用事があったので、16時頃にコメダを出ると、まさに大荒れ中。
栄から矢場町までずぶ濡れになりながらも駆け抜けて、
今回の協力者であるイラストレーター雨宮ちふゆ(@tifuyu_)さんと、上前津駅からすぐの喫茶アミーゴ(外部リンク)で合流。
このお店もなかなかステキなのです。

写真はブックマークナゴヤ中のメニューで、「送れてきたギムレット」という小洒落た名前のカクテルです。
ちふゆさんからは当日配布用のポストカードを受け取り、夜のイベントの話を少々。
過去にちふゆさんには宣伝用のポスターも作ってもらった経緯もあり、本当に感謝しています。
おかげで他の開催地とは異なる、クリエイター色多めの開催地になりました(笑)
彼女にはまた別のデザイン作ってほしくも思いますし、
触発されて他にもクリエイターさん集まってそれぞれ「日本一醜い親への手紙」に関する作品を作ってくれたら、と願っていたりします。

夜のイベント

18時にシアターカフェに向かう頃には雨は止んでおり、協力者で友人でもある、クリエイターズリンク(外部リンク)の主催者と合流。
その時間にはすっかり雨は止んでましたが、
台風であったにも関わらず、講演会は合計9名もの方にご予約者にご来場いただきました。
もちろん天候のことでキャンセルもありましたが、それは仕方のないこと。御身のほうが大事です。
参加者のうち、昼にチラシを手渡し案内した方が2名も来てくださったり。
やっぱり手渡しの効果は非常に高いですね…。

講演開始

※会場の様子を広めの写真で
講演時間は2時間。

前半

「よのなかを変える技術」を紹介し、生きづらい世の中のしくみを変えようという話から始まり、
20年前の日本一醜い親への手紙、
虐待についての話
解決策の事例としてアズママ等
ビートルズの話もしたり。

後半

後半1時間は、主に参加者に感想をしゃべってもらうことがメインでした。
いきなり話してもらうのはハードルが高いかと思い、「自分の親が普通か、クソ親か」という質問を投げてみると、
手を上げた感じだと半々くらいの様子。
最初に自分が話を始めたのですが、いきなり喋ってしまったものだから実は何を話したのかほとんど覚えてません…。
かなりテンパってしまったようです。
ただその後は少しほぐれてきたのか、
参加者の皆さんも徐々に自分のことに当てはめて、振り返り、ぽつぽつと語りだしてくださいました。
「さっきは普通だと思って手をあげたが、自分のことを振り返ってみるとあぁあれがイヤだったんだなって思い当たるフシが」
などと仰る方も。
それぞれに辛かった、苦しかった、誰もわかってくれなかった、
そう語る皆さんを見ているとやはりまだ根深い問題だと改めて感じました。
会場に来られたそれぞれの感想を聞いてるとあっという間に終了の時間。
終了間際にはそれぞれが少し、憑き物が取れたような表情だったのが印象的です。

終わったら楽しく飲んで喋って

講演後のオフ会は7名+今さん、主催、スタッフの10名でオフ会場の居酒屋へ。

なんと参加者の大半がオフ会参加という脅威の参加率に。

最初は知らない人ばかりで、きっと会場まで足を運んでくださるのも気が重かった方も多いと思います。
講演会でそれぞれ感想を述べるのも、やはり少なくない勇気を振り絞ってくれたことでしょう。
何よりもマイクを必要としないあの距離感だったからよかったと。
あと、「名古屋で開いてくれてありがとう」って言われたのも感慨深くもありました。
ただ残念ながら、今のところ他の東海地方での予定はないのですよね。


やぶやでの2次会の様子。
最初は4人でしたが、最終的に今さん、私、スタッフ3人で深夜2時頃まで飲み語り。
2回目なのにツイキャス見てた方がいたのはびっくりしましたがw(とんちゃんテロ)

これからのこと

これからまた開催するかはわかりませんが、
この日のことは私にも参加者さんにも、きっと心に残る日だったと思います。
また参加したいとか、またやってほしいって声が多ければ、もしかしたらあるかもしれません。

講演会の翌日には、
チラシ設置いただいた各方面への挨拶回りに、
あまりに気分が爽快だったので自転車で
名古屋を北から南まで一日中飛び回ってたりしましたが…。
普通は電車か車で移動しましょう!
とても良く晴れた空だったことを覚えています。

今回ご参加いただいた方々、
昼のイベントに関わった丸善さんや松戸さん、石井さん、
また私の無理を言ってご協力いただいた各方面の方々、
いつもツイッターで拡散協力してくださった皆様、
そして今さん
ありがとうございました。

またぜひお会いしましょうー!

『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』を 買える書店一覧

全国の各書店
ネット通販はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

(AD)

コメントを残す

*