Flash代替画像をjavascriptで表示させる方法と、非iOS環境での確認方法 【改訂版】

「自社サイトさぁ、iPadでフラッシュみれないじゃん!」
って言われて、帰り際に作業をすることになりました。

そこで必要になったのでやり方をメモっておきます(2013年10月25日改訂
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1

Flash代替画像をjavascriptで表示させる方法と、非iOS環境での確認方法

SyntaxHighlighter が適応されないので追加修正しました。
ついでに補足も足しています。
新しい記事はこちら

「自社サイトさぁ、iPadでフラッシュみれないじゃん!」
って言われて、帰り際に作業をすることになりました。

そこで必要になったのでやり方をメモっておきます

元々のタグ

<script type=”text/javascript”>
AC_FL_RunContent( ‘codebase’,’http://download.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/flash/swflash.cab#version=7,0,19,0′,’width’,’745′,’height’,’374′,’src’,’main’,’quality’,’high’,’pluginspage’,’http://www.macromedia.com/go/getflashplayer’,’movie’,’main’ ); //end AC code
</script>
<noscript>
<object classid=”clsid:D27CDB6E-AE6D-11cf-96B8-444553540000″ codebase=”http://download.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/flash/swflash.cab#version=7,0,19,0″ width=”745″ height=”374″>
<param name=”movie” value=”main.swf” />
<param name=”quality” value=”high” />
<embed src=”main.swf” quality=”high” pluginspage=”http://www.macromedia.com/go/getflashplayer” type=”application/x-shockwave-flash” width=”745″ height=”374″></embed>
</object>
</noscript>

これではiPhoneやiPadでは見れないため、コードの書き換えが必要。画像も。

そこで<parm>下にimgタグをいれるだけ、みたいな手法を発見したので試してみる。

  example

<object>
<param ……/>
<param ……/>
<param ……/>
<img src=”画像パス”>
</object>

残念。
FLASHは見れるものの、ipad(3と呼ばれないアレ)で確認したところ、だめでした。
画像表示されない。

次に、javascriptでの表示に変更。

  記述例 example

<head>
<meta http-equiv=”Content-Script-Type” content=”text/javascript” />
<script type=”text/javascript” src=”js/jquery.js”></script>
<script type=”text/javascript” src=”js/swfobject.js” charset=”utf-8″></script>
</head>

<body>
<!– Flash Area [ –>
<div id=”flashArea”>
<h2><a href=”campaign.php” target=”_blank”><img src=”img/images.jpg” alt=”Adobe Flash Playerインストール” width=”740″ height=”535″ /></a></h2>
<script type=”text/javascript”>
var so = new SWFObject(“main.swf”, “flash”, “100%”, “535”, “8”, “#fff”);
so.write(“flashArea”);
</script>
</div>
<!– ] Flash Area –>
</body>

代替画像の設置方法 参照
やったやった!代替画像表示さーれた!

私みたいにjsよくわかってないデザイナーさんのために、<script>の解説

var so = new SWFObject(“main.swf”(swfファイルの相対パス), “flash”(任意のタグ), “100%”(横幅), “535”(縦幅), “8”(flashのバージョン), “#fff”(カラー));

最初あるぇー、表示されぬぇー?って思ったらswfobject.jsを読み込んでなかったという初歩的みす!

ちなみにタグ中の「Flashのバージョン」については、
上記のようにバージョンを 8 とした場合、
「バージョン8以上のプレイヤーが入っている場合のみ再生させることが可能」という意味です。
バージョン7以下のプレイヤーで閲覧した場合は再生されません。

iPhoneもiPadも持ってない私は、どうにかしてFLASH環境を再現できる表示確認方法ないかと…。

ありました。

表示確認ツール何かないか探って、Firefoxのアドオンでフラッシュのon/off切り替えできるものをいくつか発見しました。
私的にはこちらで紹介されているPrefBarがよかった。

非表示時に代替画像も確認。(もちろんiPadでも確認してもらいましたよ?)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1