毛モッサーな切り抜き方


切り抜きという作業は初歩の初歩。 とはいえ、(偉くなったとしても)現場では必ず使う、基礎的な作業です。 直線や流麗な線が多いもの、例えば車や建物ならスイスイーって切り抜けるかもしれませんね。 ところが、毛がモッシャー ’~’ とした画像ならどうでしょうか... 動物とかアニマルとかAnimal!!とか。デスネ。 大変ですよね、大変です。 でも時間も惜しいけどそれなりに使えるものじゃないといけない。 というとき、私はこうやって時間短縮してます。 [用意するもの] ・フォトショップ ・ペンツール ・根気 毛モッサー01 どうだ! めんどくさそうでしょう! いい感じにモッシャー’~’としてます。 毛モッサー02 背景が白く、毛色も白いと、 肉と背景の境界が曖昧。 毛モッサー03 まず、境界をハッキリクッキリさせます。 ここで便利なのが「露光量」。 毛モッサー04 全体のガンマ値だけをズズイっと+へ。 わりかし白黒ハッキリします。 部分選択でガンマ値を調節するテクニックもあります。 毛モッサー05 ペンツールで輪郭に沿ってポチポチ。 この時、毛に沿ってやるよりは毛+肉というイメージでやっていったほうがいい感じです。 輪郭が分かればなんとなくいいかな、 毛が集合してたらそこも肉として追加するといいかな、 とか、「いい塩梅」を見つけて下さい! 毛モッサー06 ペンツールでなぞったら、右クリックで選択範囲を作成。 毛モッサー07 ぼかしは0です! 毛モッサー08 選択されてる状態で、「境界線を調整」のボタンをクリック。 ※このとき選択ツールを選んでいる必要があります。 毛モッサー09 背景黒に設定すると見やすいかも 毛モッサー10 半径 2 滑らかに 2 ぼかし 2 上記の設定は、ワンコの大量切り抜き時にとても使い勝手が良かったです。 1にしたり、5にしたり、お好みで! 毛モッサー11 コピーペーストすると、切り抜いたワンコレイヤーが現れます。 毛モッサー12 背景つけてみた。 キレイに切り抜けました! そういえば、青いバラは珍しいものとしてあるけど 緑のバラってナイヨネ。’~’
2013.10.09(水)